スポンサーサイト

--/--/-- [--] --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デメルのチョコレート

2007/02/14 [Wed] 22:16
それなりにバレンタインらしいこともしています。

相方から貰ったデメルのチョコレート。
職場で貰ったチョコレートと一緒に試食大会。
するとやっぱりデメルは凄いです。
っていうかチョコレートのイメージではない。
カカオ菓子って言えばいいのでしょうか?

甘さがでしゃばらない、
静かに香りと味わいが膨らむ、
食感もひたすら上品。
流石は一粒弐百円です。

で、チョコレートのお供には、
スコッチウイスキー、ラフロイグの水割りを。
泥炭(ピート)の香りとチョコの香りの組み合わせ、
私は好きです。
それは良いのですが、
あきれるほどの酒飲みです。


DEMEL JAPAN
スポンサーサイト

ホワイト餃子

2006/06/18 [Sun] 00:36
連れが長浜で買ってきたホワイト餃子。
家で焼いて食べました。

私はホワイト餃子は初体験。
他の餃子とは焼き方からして大きく違います。
油を引いたフライパンに凍ったままの餃子を並べ、
強火にかけると同時に熱湯を餃子が八分目浸かるまで注ぎ、
蓋をして蒸し煮にします。
水分が減ってきたところに油を、
やはり餃子が八分目浸かるまで注ぎます。
油のかさが減ったらまた同じまで油を注ぎ足します。
焦げ目が付いたら油を捨てて出来上がり。
焼くというよりは、一度茹でてから揚げるような調理です。

味も実に独特。
表面がパリパリに焼かれた肉厚の皮が美味しい。
本場の水餃子もモチモチした皮が美味しいのですが、
これはまさに残った水餃子を翌日に焼いて食べるという、
本場の焼餃子に近い餃子ではないでしょうか。
本場ではあくまで水餃子が主流で、
焼餃子は残り物を美味しく食べるための方法。
しかしこの焼餃子が美味しいのでわざと残すくらいとか。
にんにくが入っていないところも本場と同じ。

ちなみに私は中国には行ったことがないのですが、
かつてお世話になった方の家で、
中国の方たちと一緒に餃子作りをしていました。
そこでは一度に大量に餃子を作って冷凍しておきます。
ホワイト餃子も冷凍状態から調理しますので、
手作りした餃子をホワイト餃子と同じように調理するのも、
なかなかいけるのではないかと思います。

長浜でホワイト餃子を扱っているのは茶しん。
ここはイタリアン焼きそばでも有名なお店。
さらにお茶屋さんでもある、ちょっと不思議なお店です。
ちなみに野田市にあるホワイト餃子本店は、
餃子以外の食べ物メニューが無いという正真正銘の餃子専門店。
餃子の時は餃子しか食べないというのも本場と同じですね。

ホワイト餃子
茶しん 

坂角総本舗 ゆかり

2006/06/05 [Mon] 07:03
先週、名古屋で買ってきました。

海老せんべいと言っても色々なものがありますが、
個人的にはこれが極め付けです。

とにかく海老の風味が濃い。
もう海老風味というより海老そのものです。
それどころか下手に海老を食べるよりも、
海老の風味、特に香ばしさが生きています。

せんべいですからお菓子としても良いのですが、
それ以上に酒の肴として最高です。

問題は滋賀では売っていないことです。
多目に買い込んできたのですが残り僅か。
大事に味わいます。


坂角総本舗

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。